shop





【19】毒親と絶縁するまでの話

プレゼントの話

前回の話はこちらです

【18】毒親と絶縁するまでの話:看病の話

初めから読む方はこちらからどうぞ

【0】毒親と絶縁するまでの話:あらすじ

自分もお祝いをして欲しかった?

とにかく私は誰かにプレゼントをするのが好きです。

色々と準備して、その日まで自分もワクワクしながら待つタイプです。

しかし、思い返せば子どもの頃、自分の誕生日に何かをプレゼントしてもらった記憶がありません。

お寿司をとったことはありましたが、当時私は「子どもはお寿司を食べたらダメ」と母に生魚を禁止されていたので、結局は両親と祖母のみが食べているような感じでした。

それでも両親ともう絶縁状態寸前となる時まで、欠かさずプレゼントを贈っていたのは、もちろん喜ぶ顔が見たいという純粋な思いと、自分もお祝いをしてほしいという下心があったのかもと思っています。

0