shop





【53】毒親と絶縁するまでの話

就職の話

突然のパニック発作

かなり多忙な職場で、体力的に厳しい部分はあるものの、職場の人たちがとてもいい人ばかりだったので、全く苦ではありませんでした。

しかし、度々母から無心の電話がかかってくるようになり、給与はそれほど多くない中、自分の食費を削って実家に送金をしていましたが、無理がたたったのか突然の動悸と息苦しさに襲われ動けなくなりました。

この時は「このまま死ぬかも」と思い、とても怖かったのを覚えています。

0